薬袋印刷システム機能紹介

薬袋印刷システムの特徴
やくたいふらっとくん【推奨プリンタをご案内できます】
専用プリンタ利用の取り決めはありません。
但し、薬袋を通す為、シワや紙詰まりに関するご相談については推奨プリンタをご案内致します。
【各メーカーのプリンタページ】
◆Canon
サテラレーザービームプリンター
 SIerサポートサイト 用紙検証情報

※メディング製薬袋一覧表の対応機種よりご確認ください。
◆Ricoh Japan
◆FUJI XEROX
やくたいふらっとくん【レイアウトを自由に作成できます】
レイアウトは項目を貼り付けして作成します。
操作が簡単でお客様でフォーム作成が行えます。
やくたいふらっとくん【レイアウト画面】イメージ画像1 やくたいふらっとくん【レイアウト画面】イメージ画像2 やくたいふらっとくん【レイアウト画面】イメージ画像4 やくたいふらっとくん【レイアウト画面】イメージ画像3
やくたいふらっとくん【自動印刷機能】
やくたいふらっとくん【薬袋サイズ自動振り分け】イメージ画像 自動印刷設定をする事で、会計のタイミングに薬袋をプリンタから印刷できます。
やくたいふらっとくん【スタンプ機能】
やくたいふらっとくん【スタンプ機能】イメージ画像 薬袋にスタンプイメージを貼り付け出来ます。
スタンプは選択して印字する運用となり、印字の有無は人の判断となります。
やくたいふらっとくん【薬袋サイズ自動振り分け】
やくたいふらっとくん【薬袋サイズ自動振り分け】イメージ画像 振り分け値を初期設定しておく事で、薬の総量・日数により薬袋サイズを自動的に判定できます。
やくたいふらっとくん【手書き薬袋機能】
機械トラブルを想定した場合、手書き薬袋はかかせません。
薬袋レイアウトは手書き薬袋の画像データを利用すれば簡単に薬袋出力が可能です。
運用では、手書き薬袋を切らさない様に予め印刷しておくと万一の時に安心です。
やくたいふらっとくん【バックアップ機能】
やくたいふらっとくん【バックアップ機能】イメージ画像 自動バックアップ、手動バックアップが可能です。
自動バックアップ:7日に1回ソフト起動時に自動的にバックアップファイルを作成します。
手動バックアップ:任意でバックアップファイルを作成します。バックアップファイルをメール送付頂ければ、トラブル時のお客様環境を再現でき、問題解決がスムーズです。

薬袋印刷システムは様々なシステムと連動します。
連動先のシステムについてはこちらをご覧ください。

製品に関するお問い合わせはこちら

メディングの製品・サービスに関するご相談・お問い合わせ・資料請求等をご希望の方は、お問い合わせフォームもしくは、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
資料請求・お問い合わせフォーム
お問い合わせ先:088-692-5111
関連製品
  • 薬袋
    フラット薬袋、ビニール製ともに幅広いアイテム、カラーバリエーションをご用意し、お客様のニーズにお応えします
  • フラット薬袋
    業界のトップを走り続けるメディングのプリンタ用薬袋
  • フラットマチ付き薬袋
    大容量サイズのフラットマチ付き薬袋が登場
お問い合わせ:tel.088-692-5111
ページトップへ戻る